医師紹介

院長挨拶

この度先代院長長谷川進より院長を引き継ぎました長谷川瑛です。
当院の診療理念は『女性の一生涯を健康で美しく過ごすために医療を通じてサポートできるホームドクターとなること』です。私どもは皆様方に最適な医療を提供するためにきめ細やかな説明を心がけ、常に理解をした上でご自身の治療を受けていただくようにしていきます。

私が専門としていますのは不妊治療と周産期医療です。安全な出産を目指すには妊娠前からの生活も大事で、さらに言えば思春期以降の環境も影響を及ぼしていきます。女性一人一人にとって生活環境が異なる中、その方にあった医療サポートが求められます。皆様がお子様を授かるという目標へ向かって適切なサポートを提供していきます。

当院は女性医師の副院長も勤務しています。女性医師ならではのきめ細やかなサポートも提供できます。今まで生理痛がひどいのにどこへ相談すればいいのかわからずお困りの方や、婦人科検診は怖くてなかなか受診できずにいた、自分の症状は更年期なのか知りたいけど相談するのはどこかわからないなど婦人科受診を迷っておられる方などは当院へぜひご相談ください。

今まで以上に女性の輝く社会を応援するため、医療を通じて地域の皆様のお役に立てますようにこれからも精一杯努力してまいります。
今後ともどうぞ当院をお気軽にお尋ねくだされば幸いです。

院長略歴

長谷川瑛
2005年東京医科大学卒業
2007年東京医科大学産科婦人科学講座 助教
2016年東京医科大学産科婦人科学講座 講師
2016年富士市立中央病院産婦人科 医長
2018年長谷川産婦人科医院院長 現職

資格
医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本周産期新生児学会 周産期専門医(母体胎児)
母体保護法指定医

所属学会
日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本周産期新生児学会
日本卵子学会
受精着床学会

副院長略歴

長谷川芙美子
2003年東京医科大学卒業
2003年東京医科大学産科婦人科学講座 助教
2009年聖ヨハネ会桜町病院産婦人科 医長
2016年長谷川産婦人科医院副院長 現職

資格
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

勤務医略歴

長谷川 進
出身校:順天堂大学
 日本産科婦人科専門医
 母体保護法指定医 
 産業医
 所属学会  日本産科婦人科学会