自費診療価格案内

生殖補助医療(ART)と人工授精での自費項目料金表

不妊治療では健康保険が適応される項目と健康保険の適応とならない自費治療の項目があります。自費項目には別途消費税がかかります。下記の記載は消費税別で記載しています。

人工授精

診療内容 費用(税別)
人工授精(精子調整・手技料のみ) 15,000

高度生殖補助医療(ART)

採卵までの準備費用(排卵誘発剤/ホルモン検査/超音波検査など)は含まれておりません。別途薬剤/検査自費料金表をご確認ください。

診療内容 費用(税別)
体外受精
(採卵・精子調整・媒精・初期培養)
220,000
採卵数6個目から 1個につき+10,000、最大+50,000
体外受精(3回目以降) 190,000
体外受精(5回目以降) 160,000
顕微受精
(採卵・精子調整・媒精・初期培養)
250,000
採卵数6個目から 1個につき+10,000、最大+50,000
顕微授精(3回目以降) 220,000
顕微授精(5回目以降) 190,000
胚盤胞培養 30,000
通常培養割 -20,000
卵活性化処理 30,000
胚移植(妊娠判定込み) 50,000
凍結胚融解処理 10,000
透明帯開口術
レーザーアシストハッチング
30,000
受精卵(胚)凍結
(1年間の保存料含む)
50,000
凍結胚数6個目から 1個につき+10,000、最大+50,000
受精卵(胚)凍結保存更新料(1年) 50,000
精子凍結(1年分の保存料込みで) 20,000
精子凍結保存更新料(1年) 20,000

当院はタイムラプス機能のついた培養機を標準で使用しています。しかし、機器のメンテナンス期間や機器の対応人数を超えた場合などはタイムラプスの機能のないインキュベーターで培養となります。もちろん通常培養であっても個別のドライインキュベーターを使用しますので安全面には変わりありません。

料金シュミレーション

【1】1回目のARTでshort法で10個採卵しsplit ICSIで胚盤胞培養まで行い4個の胚盤胞を全胚凍結し、別周期で融解胚移植を行った場合。

診療内容 費用(税別)
顕微授精 250,000
採卵数6個目以降 50,000
胚盤胞培養 30,000
受精卵(胚)凍結 50,000
凍結胚融解処理 10,000
胚移植 50,000
  440,000

別途排卵誘発剤費やホルモン検査費、診察料などがかかります。

 
【2】1回目のARTで自然周期法で3個採卵し、体外受精で初期胚を1個移植し、残り2個の胚を凍結した場合。

診療内容 費用(税別)
体外受精 220,000
胚移植 50,000
受精卵(胚)凍結 50,000
  320,000

 
【3】3回目のARTで自然周期法で採卵試みるも、採卵できなかった場合。

診療内容 費用(税別)
採卵 50,000
  50,000

●お支払いは現金またはデビットカードでの決済もご利用いただけます。